高血圧予防サプリ

血圧を下げるには、食生活を改めたり、適度に体を動かすことが大事と言いますが、率直に言うとそれだけで改めることはなかなか難しいのが現状だと思います。

 

結局、血圧を下げる働きを持つタウリンやサポニン、DHA&EPAなどを意識して摂る事が大事になってきますが、普通の食事ではなかなか摂ることが難しいものなので、サプリメントを併用するのがおすすめです。

 

当サイトでは、高血圧を効率よく下げるサポートをしてくれるサプリメントをご紹介していきます。いずれの商品も安全な素材を使っているものですし、医薬品ではありませんので、副作用の心配もなく飲むことが出来ます。

高血圧予防サプリ※売れ筋ランキング

きなり←管理人一押し!

きなりは、最近話題沸騰中のDHA・EPAのサプリです。高血圧対策には、DHA・EPAがいいといわれていますが、きなりは、1日分66円で500gmのDHA・EPAを摂取できます(安い!)さらに、さらさら成分として注目されているナットウキナーゼも高配合。高血圧がきになる人にぜひお勧めのサプリです。
また、サプリは飲みにくくてと言う人のために小さめの飲み易いソフトカプセルですので、DHAサプリにありがちな魚くささもなく、飲みやすさも抜群です。
DHA・EPAサプリは、摂取するとコレステロール・中性脂肪が下がり血液がサラサラに。そして、血流が改善されますので、血圧が下がる効果があり高血圧対策におすすめなんです。

 

管理人が、自信を持っておすすめできる高血圧サプリです。

きなりのココがおすすめ
  • 続け易い価格設定(初月1980円)。
  • DHA・EPAが高配合 1日分500mgも!
  • サラサラ成分ナットウキナーゼ配合
  • 飲み易い&においのないソフトカプセル

もっとくわしく⇒ きなり-DHA・EPAサプリ詳細記事へ

肝パワーEプラス〜タウリンが豊富に含まれている〜

肝臓と血圧の値が心配な方には最適な肝パワーEプラスは、広島産の牡蠣、長野県産のにんにく、紀州産の南高梅が使用されている漢方食品です。血圧の改善は、まずは肝臓から!
お客様満足度が96%と高評価の商品です。
現在、公式ホームページからの購入で、安心の全額返金保証がついています。

 

白井田七〜サポニンが含まれているので更に健康に〜

白井田七は、注目のめぐり成分であるサポニンが豊富に含まれているサプリメントです。
血糖値や血圧が気になる方、いつまでも健康でいたい方、高品質のサプリメントを摂りたい方に最適です。
活性酸素が色々な病気や病の症状の要因となりることはご存知でしたか?この活性酸素を取り除く働きを持つのがサポニンで、サポニンを豊富に含んだ血圧予防に最適なのが白井田七です。
現在、初回購入に限り980円のキャンペーン中です。

 

 

詳細記事へ⇒ 白井田七 

ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

小林製薬が販売している錠剤タイプの健康補助食品です。
名前の通りナットウキナーゼとDHA・EPAが合体したサプリメントで、多くの健康効果があると人気を呼んでいます。

 

ナットウキナーゼ&DHA&EPAセットは特に血液の状態を改善し、動脈硬化や高血圧などに良い影響を及ぼすと考えられています。
ナットウキナーゼは1日に2000FU以上摂取するのが好ましいと言われています。DHAとEPAは厚生労働省が摂取を推奨している成分の1つなのですが、多くの場合不足傾向にあります。

 

いずれの成分も納豆や魚などの食品から目標摂取量を達成しようとすると、かなり大量に食事をすることになってしまいます。
そのため、こういった健康成分が1粒で賄える「ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット」に注目が集まっているわけです。

「ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット」は多くの人に試してその良さを知ってもらいたいという考えにより、初回購入時に大幅な割引がされます。
通常価格が1袋1620円(税込)なのですが、初回の1袋だけは30%オフの1,134円(税込)で購入することが出来ます。

 

定期コースに入らなくてもこの価格になるので、気になるけど飲みやすさや効果が気になる…という人にはとても嬉しいキャンペーンです。
もちろん送料も無料なので、1,134円以外に費用はかかりません。

DHA&EPAオメガプラス

血液を良い状態で保つために健康的な食事をしたいと思っていても、なかなかそれが難しいという人に非常に喜ばれているサプリの1つです。

 

「DHA&EPAオメガプラス」には名前の通りDHAとEPAを始めとしたオメガ系の3つの脂肪酸が豊富に含まれています。
これはかなり多い量なので効果的なサプリだと考えられますが、気になるのは価格です。
これほど良い成分がしっかりと含まれているサプリは高額になることが当たり前です。

 

しかし、「DHA&EPAオメガプラス」の場合は続けやすさにも配慮しているため、コストを抑えた商品になっています。

DHAとEPAを「DHA&EPAオメガプラス」から100mg摂取した場合のコストは15円という低価格が実現されています。

 

実際に商品を買う場合は定期コースが圧倒的にお得です。
1袋ずつ普通に購入する場合は1,815円(税込)ですが、定期コースに申し込むと最大で20%オフで購入が出来ます。

ハピネス マンボウサンQ

マンボウというとのんびりした印象のあるあの魚を思い浮かべると思いますが、まさにその通りです。
「マンボウサンQ」はマンボウの肝油に多く含まれる健康成分を凝縮した、血圧問題に特に良いサプリメントです。

 

「マンボウサンQ」には血液をサラサラにすることで有名なDHAとEPAはもちろんですが、DPAも含まれています。
DHA・EPA・DPAの3つをオメガ3脂肪酸と言い、これはWHOでも摂取が推奨されている健康に良い成分です。

 

DPAは身近な食材だと秋刀魚やイワシにも含まれていますが、必要量を摂取するには程遠い含有量です。
対してマンボウの肝油やアザラシ肉には豊富に含まれており、「マンボウサンQ」ではマンボウの肝油を利用して効率よくDPAを摂取することを実現しています。

あまり聞き慣れないマンボウ肝油を使ったサプリなので、価格が気になるところです。
やはり「マンボウサンQ」は他の血液をサラサラにするサプリと比べると価格は高めになっています。

 

しかし安心の返金保証がついていたり、初回お試し購入ができるのでしっかりと血液や血管の問題と向き合いたい人にはオススメです。
特に初回購入では通常6,161円のところが4,525円になり、非常にお得なのでまずは試してみてもいいでしょう。

→ 目次へ戻る

高血圧について

高血圧が気になる方は非常に多いと思います。最近の日本人のおよそ3000万人を超える人が高血圧と言われています。国民病といっても過言ではありません。
しかし、高血圧は血圧の数値が高い事だとは理解していても、詳細な事までは理解していないのではないでしょうか。
まず血圧ですが、血管の中を血液が流れる際に血管に圧力がかかるのですが、これが血圧です。

 

血圧の数値が高いのは、血液を運搬するための動脈に何かしら問題があって流れが悪くなることで、心臓の末端の血管にまで血液をきちんと運ぼうと圧力がよりかかる事を指します。
心臓は、毎分30〜70回程の血液を血管へ流しています。私たちがそれを確認するためには、脈拍を測る事で確認できます。
心臓はいわゆるポンプと同じ働きをしているので、押し出して縮んだら次は拡がります。

 

その際に一番圧力が下がり、その時が最低血圧です。最高血圧と最低血圧のいずれも高いなら、高血圧と診断されます。
血圧がどうやって決まるのかというと、心臓が血液を押し流す力と、その先にある血管の流れの良さで決定づけられます。
1回血圧を計測しただけで判断できる症状ではないのです。
何回か繰り返し計測し、その際に最高血圧が140mmHg以上か、最低血圧が90mmHg以上であれば、そこで高血圧症だと判断されるのです。

→ 目次へ戻る

血圧の正常値について

血圧の正常値とは、年齢やその人の合併症により差があります。他にも、医療機関などで血圧を測るときと、自宅で血圧を測るときでは数値が変化します。このような血圧の正常値をまとめていきますが、糖尿病、慢性腎臓病、心筋梗塞の疾患がある方は、下記の数値よりも少ない値を目標にすることとなります。

 

最初に、若い人〜中年の人までの血圧の目標数値ですが、医療機関などでは130/85mmHg未満、自宅での測定の場合は125/80mmHg未満で、それより高い場合は、高血圧と言います。。

 

高齢の方は少々血圧の数値が上がり、医療機関などでは140/90mmHg未満、自宅での測定の場合135/85mmHg未満です。
医療機関などで計る時と自宅で計る時ではどうして数値に違いがあるのかお教えします。人間は少しでも歩いた入り走ったりすることで心拍数が上がります。1000歩ごとに1〜2血圧の数値が下がると考えられています。

 

また、緊張したりすると心拍が早くなるのはお分かりになると思います。こういったように、心拍数は定まっておらず、即ち心臓の動きは定まっているわけではありません。

 

運動したり、心の変化によって心拍数は変わります。心臓が力強く動くことによって送られル血液量が変化し、その結果血圧に変化が生じるということです。

 

ですから、リラックス状態で計ることが可能な自宅では血圧が低く出ることから、自宅で行う計測の目標値は多少少ないのです。

 

普段の生活の中でも心と身体の状態により血圧は変化します。ですので、普段から同じ条件の下で血圧の測定を行うことを基本とします。朝測定ならば起床してトイレを終え、それから少し落ち着いてから計測します。

 

夜も同様にトイレを終え、少し落ち着いてからの計測を基本にします。

 

→ 目次へ戻る

食後は高血圧になる

血圧は、常に定まっているわけではありません。いろいろな心と身体の状態により変化します。

 

血圧の一日あたりの流れは、朝目覚めてから次第に高くなっていき、昼間が一番血圧が高くなる時間帯となり、それから徐々に下がっていき夜になると低くなります。

 

血圧の変化は色々なものに関係し、ストレス、食事、運動により変化します。特に一番変化に違いが出るのが、食事の前と食事の後です。食事をする前は、血圧と心拍数は徐々に上がっていきます。それは、交感神経が活動的になるからなのです。食事を終えると交感神経の活動はだんだん穏やかになります。そういったことから、血液が身体の中を回る量が減り、血圧が下がるのです。

 

ですが、この食事の後の血圧の変わりようが突然になると気を付けなければいけません。通常ならば血圧の低下はほんの少しであり、食事した後に眠気が来るのかこれが原因なのですが、それ以上に立ちくらみや身体がだるくなるなどはとても危ないです。
しかし、この食後の血圧の変化が急激なものになるのであれば注意が必要です。普通であれば血圧の低下は微々たるものであり食後に眠たくなるのもこのせいですが、その程度ではなく立ちくらみを起こす、身体だるくなるなどは危険なのです。

 

これを防止するには、食後に飲むドリンクが関係してきます。食事の後にコーヒーやお茶を好んで飲む方は多いでしょうが、このドリンクに含まれるカフェインの働きによって、血圧が上がることから過度に下がるのを防止してくれます。
古くから日本人に愛されてきたお茶は、血圧を安定させる効果があることを知ってか知らずか、昔から日本人の身体に適しているのですね。

 

→ 目次へ戻る

高血圧予防サプリは動脈硬化を防ぐ

過度なストレス、運動不足、食生活の乱れなどから、動脈硬化になることがあります。
血管の内部がこのような生活習慣によって厚みが出てくると、弾力性が下がってしまい血行不良になることで動脈硬化や高血圧となり、心筋梗塞や脳梗塞を発症するリスクがあります。

 

活性酸素が体内に増加すると、様々な病気の原因となってしまいます。
血中にある悪玉コレステロールと活性酸素が混ざることで、血管の内部で凝固し、結果動脈硬化となってしまいます。

 

高血圧予防サプリは、悪玉コレステロールを減らすことも可能ですので、動脈硬化の予防効果もあります。

 

そのほかにも人間の体に良い特徴を持っており、活性酸素をなくしてしまう働きも持っています。活性酸素が減ることで、もちろん悪玉コレステロールと混ざる量も減るため、動脈硬化の防止につながります。

 

傷の回復力を促す働きも持っており、弱くなってしまった血管内部の状態を改善するパワーを出し、若いころのような血管に戻ることが可能です。
血管の内部が健康になることは非常に大事で、体の一部分のみではなく、体中の様々な所の血行が良くなります。

 

高血圧予防サプリを活用することで、動脈硬化の危険性をぐんぐん減少させることができます。
動脈硬化になる症状の一つに更年期障害が挙げられますが、高血圧予防サプリは更年期障害を治療することでも利用されています。
高血圧予防サプリを利用して更年期障害の解消を実施している方は、動脈硬化になることも防止することもできるのです。

 

→ 目次へ戻る

高血圧サプリの口コミや評判

「きなり」

血圧の高さが気になりはじめたので、友人に勧められた「きなり」をはじめました。
血圧を下げるというサプリは前にも飲んだことがあるのですが、生臭さのようなものが苦手で断念していました。
少しなら我慢はできたのですが、1日何度も苦手な魚臭さを感じるのは非常に苦痛でした…。
でも、「きなり」にはそういった臭いがなく、するっと喉に入っていくので非常に飲みやすかったです。

 

2週間ほど継続して飲んでいると、全身がスッキリしたように感じてとくに寝起きがよくなったような気がします。
なんとなく感じていただるさも随分軽くなり、今までよりも活発に動けるようになりました。
今では「きなり」を飲むのが当たり前になっていて、出会えて本当に良かったと思っています。

「肝パワーEプラス」

お酒が大好きで毎日の晩酌が欠かせないので、肝臓の調子にはいつも気を使っていました。
しかし年齢を重ねるごとに全身のだるさがでてきたり、お酒が抜けなくなってきたので軽い気持ちで「肝パワーEプラス」を飲むようになりました。

 

飲み始めて最初に感じたのは、お酒を飲みすぎた翌日の回復の早さです。
今までは翌朝になると体がだるく、なかなか起きられなくなっていたのですがそれがかなり減りました。
なんとなく体も動きやすくなっている気がして、パワーが漲ると言った表現がぴったりと当てはまるような気がします。
孫に遊びをねだられても満足に相手ができなかったのですが、しっかりと付き合えるようになったのが何よりも嬉しいです。
これからも元気に年を取っていきたいので、「肝パワーEプラス」を続けていきたいと思っています。

「白井田七」

健康診断で血圧と肥満気味であることを指摘され、何か出来ないと考えているとこに「白井田七」と出会いました。
食生活も好きなものに脂や糖質が多いものが多く、運動不足も気になっていた自分にはぴったりでした。

 

「白井田七」をはじめて少しすると、なんとなく感じていた体の重さがなくなりました。
併せてウォーキングもはじめていたのでその効果もあると思いますが、朝の起きやすさや疲労感の軽減は「白井田七」の効果かなと思っています。
食事は今まで通りお肉やご飯、甘いものもしっかり食べていますが体調はずいぶんと良いです。
友達ともハイキングやお買い物に行く機会が増え、充実した毎日を送れるようになりました。
「白井田七」をはじめて本当によかったと思っています。

 

→ 目次へ戻る

高血圧サプリによく含まれる成分「ナットウキナーゼ」とは?

「ナットウキナーゼ」という成分を聞いたことがありますか?
名前にもなっている納豆のネバネバに含まれている成分で、タンパク質を分解する酵素です。

 

ナットウキナーゼはどんな働きをするの?

ナットウキナーゼの主な働きは「溶かす」ということです。
心筋梗塞や脳梗塞の原因に成る血栓を作ってしまうフィブリンを溶かし、血液の流れを良くする効果があるとされています。
同時に血栓の溶解を妨害してしまう物質の溶解をサポートする力もあるため、血液をサラサラにして更にその力を高める作用もあります。
大きな病の引き金になる血栓に対し、様々な角度からアプローチしてくれるのがナットウキナーゼの主な働きです。

 

ナットウキナーゼが必要な人

ナットウキナーゼはどんな人にも必要な成分ですが、特に高齢者には必須とも言える成分です。
動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞は高齢になるに連れてリスクが高まりますが、その理由は血液の状態の悪化にあります。
運動不足や栄養状態の偏り、水分の不足などにより血液がドロドロになり、多くの血管のトラブルを抱えることに成るからです。
食生活や運動量を見直すことは難しく、すぐに効果が出るものでもありません。
その為、普段からナットウキナーゼを積極的に摂取し、健康な体を維持することが高齢者には特に重要なのです。

 

また、年齢にかかわらず高血圧・高脂血症・糖尿病・肥満などの問題を抱えている人は血液の状態が悪化しやすいです。
こういった問題を持っている場合もナットウキナーゼは積極的に摂取したほうが良いです。

 

ナットウキナーゼの摂取方法

ナットウキナーゼは納豆のネバネバに含まれているので、日本人は比較的摂取しやすい成分です。
しかし、必要量を納豆だけで摂取しようとするとかなりの量を摂取しないといけなくなります。
効率的にナットウキナーゼを摂取するにはサプリメントがオススメです。

 

ナットウキナーゼをサプリなどで摂取する倍は、夕食の後や就寝前だとより高い効果が期待出来ます。
血栓は深夜から早朝にかけて出来ることが多いため、ナットウキナーゼの力でそのリスクを下げることが狙いです。

 

→ 目次へ戻る

高血圧サプリによく含まれる成分「DHA」「EPA」とは?

DHAとEPAは主に魚に多く含まれている成分で、どちらも血液をサラサラにする効果があると言われています。
高血圧や高脂血症、糖尿病や肥満などの問題を抱える人には必須とも言える成分です。

 

DHAとEPAの主な働き

DHAとEPAには多くの健康効果がありますが、特に血液の粘度を下げ、血流を良くする力が強いです。
また、目の網膜や脳の働きを良くする力もある血追われており、記憶力や観察力の向上にも期待が出来ます。

 

こういった効果からDHAとEPAは動脈硬化や脳梗塞などの病のリスクを下げ、健康寿命を伸ばすためには重要な成分となっています。
DHAとEPAはWHOも摂取を推奨していることからも重要さがよくわかります。
特に血液の流れが悪くなりやすい肥満体型・糖尿病を抱える人、そして高齢者は積極的に摂取すると良いです。

 

DHAとEPAの違いは?

DHAとEPAにはどちらも血液の状態を良くする力があります。
違いはどこに対して積極的なアプローチをしてくれるかで、DHAは主に頭に、EPAは血液に対して力を発揮します。

 

EPAが血液に対して直接サラサラにする効果があるのに対し、DHAは少し事情が異なります。
血液に対しても粘度を下げるという重要な力も発揮してくれますが、脳に対しては記憶力の向上や認知症・うつ病にまで効果があると考えられています。
これは情報伝達機能を受け持つシナプス膜にDHAが良い効果を発揮するからです。

 

DHAは健脳作用、EPAは血液サラサラ作用が強いと考えて良いでしょう。
このことからDHAは乳幼児から摂取することが勧められており、対してEPAは主に成人〜高齢者向けの成分となっています。

 

DHAとEPAを摂取するには

DHAとEPAを多く摂取する食品は、まぐろ・かつお・アジ・鯖・イワシなどの青魚です。
日本人の食卓には古くから並ぶことが多い食材ですが、現代はこういった魚類が苦手という人も多いです。
そんな場合はえごまや亜麻仁、チアシードなどが比較的DHAとEPAの含有量が多いです。

 

しかし、こういった食品からDHAとEPAを必要量摂取することはなかなか難しいです。
毎日となると専門家でもメニューに悩むほどなので、素人の食卓で満足にDHAとEPAを取り続けることは不可能とも言えるでしょう。
その為DHAとEPAの摂取にはサプリメントが有効とされています。
飲みやすい錠剤タイプなどを選び、続けることで健康な血管と血液を手に入れることが出来ます。

 

 

→ 目次へ戻る

高血圧サプリの「トクホ」って何?

テレビのCMや雑誌などの食品の宣伝で目にすることが多い「トクホ」という言葉。
印象的なマークなので目にしたことが多いという人が殆どだと思います。
しかし、このトクホは何を示しているのかご存知ですか?

 

トクホとは?

トクホとは「特定保健用食品」の事で、消費者庁長官の許可を受けて販売されている健康食品には専用のマークがついています。
体の生理学的な面において効果がある成分を含んでいる事が保証されています。

 

トクホが効果があると認めている成分には「お腹の調子を整える」「血圧が高めの人に適している」「血糖値が気になる人に適している」「虫歯の原因になりにくい」などがあります。
他にも多くの効果が期待できるものがあり、同じトクホでも食品によって効果がちがいます。
多くの健康食品がある中でも効果のある成分が確実に入っていると保証されているのがトクホということです。

 

トクホじゃない健康食品は危険?

トクホではない健康食品も非常に多く、価格や摂取のし易さで選ぶとトクホ以外に目が行くことも多いです。
でもトクホがあるとそうでない食品には少し警戒をしてしまうものです。

 

トクホではないからと言って健康に大きな害となる食品はほぼありません。
あくまでもトクホは効果のある成分が入っていることを保証しているので、トクホではない=危険ではありません。
しかし、有効な成分が入っていないこともあるのでトクホ以外の健康食品は効果が期待できないものも非常に多いです。
トクホ以外で健康食品を選ぶ場合は、自分で成分を確かめて本当に良い力がある食品なのかを見極めることが大切です。

 

→ 目次へ戻る

 

 

その他おすすめの高血圧予防サプリ

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセッ〜生活習慣を改善したいなら〜

小林製薬から発売されているナットウキナーゼ&DHA&EPAセットは、名前からわかるようにナットウキナーゼ&DHA&EPAセットを凝縮しているサプリメントです。
高血圧の原因でもある中性脂肪の値を低下する働きを持つ成分がたっぷり配合されており、血圧を下げる働きをしてくれます。
他にも、血液をサラサラにするために生活習慣病を改善するためにもお勧めです。
公式ホームページからのご注文で、送料が無料となっています。

 

黒ゴマの恵み

黒ゴマは、国内消費量の99%を輸入に頼っており、国産のものは1%未満なのです。
ですが、信頼出来る国産の黒ゴマのみを使っているのが、黒ゴマの恵みです。
黒ゴマに含まれているゴマリグナンという英文が、疲れ知らずの体にしてくれると言われる黒ゴマの恵みは、体重の減量や白髪対策にも効果的です。

 

神の草ヒュウガトウキ

日本のみに生息する植物のヒュウガトウキを使用している、お茶とサプリメントです。
ヒュウガトウキは「神の草」と呼ばれるほど豊富な栄養成分を含んでおり、また貴重な植物であります。
そんなヒュウガトウキは美容面でもダイエットにも効果的です。
体の巡りを良好にしてくれる働きを持っているので、酸素や栄養が体内にきちんと行き届きます。
ダイエットを成功させたいなら必須となる働きなので、美容面にもダイエットにも期待が持てます。

 

→ 目次へ戻る

更新履歴