高血圧サプリが注目されている理由

高血圧は身体に悪いというのが常識になっていますが、高血圧を改善し健康的な生活を送るにはどうしたら良いのでしょうか。

 

 

 

運動、食事制限など、普段の生活習慣から見直してみるのも大事ですが、なかなか忙しくて改善できないという人もいると思います。そのような人は、サプリメントに力を借りてみましょう。今高血圧サプリが、健康に良い効果をもたらしてくれるのではないかと期待されています。

 

 

 

高血圧は何故身体に悪いとされているのか、そして高血圧サプリメントが何故注目されているのか、その理由を詳しく調べてみました。

高血圧を放っておいてはいけない

 

 

 

高血圧という言葉はよく耳にしますね。よく聞く言葉ですが、家系にはいないとか、朝起きるのが苦手だから低血圧だと思ってしまい、危機感を持ちずらいかもしれません。しかしこの高血圧は誰にでもかかる症状であり、放置したままでいるとほかの病気を引き起こしてしまうかもしれません。高血圧は、肥満、高脂血症、糖尿病と並ぶ万病のもとで、これらは死の四十奏と呼ばれています。

 

 

 

そもそも高血圧はどのような状態のことを言うのでしょう。「心臓が心臓が全身に血液を送る際に血管にかかる圧力が高い状態が高血圧です」という説明文ではわかりにくいかと思います。蛇口にホースをつけたものを思い浮かべてください。蛇口を勢いよくひねると水はたくさん流れようとホースが膨らみます。

 

 

 

これが血液と血管の関係です。寒い日など外に放置されたホースは固くなっています。さらにホース内にゴミが溜まっていたら水は流れにくくなります。こういった状態が動脈硬化なのです。

 

 

 

塩分過多の食事ばかりしていたり、運動をまったくしていなかったりすると、血液がどろどろになってしまい、血管をスムーズに流れなくなってしまいます。その結果引き起こされる病気は、脳梗塞や動脈硬化、更には糖尿病、腎障害などです。

脳梗塞や動脈硬化

脳梗塞とは、血液の塊が脳に張り巡らされている血管に詰まってしまい、それにより脳への酸素やエネルギーが十分にいかなくなってしまう疾患のことです。

 

 

 

2014年の統計によると、11.4万人という人がこの脳梗塞で命を落としています。

 

 

 

動脈硬化とは、その名の通り動脈が硬くなってしまうことで血液の流れが滞ってしまう疾患です。動脈の内側がもろくなってはがれ、それが血栓を作る原因となり、脳梗塞などに繋がってしまいます。

糖尿病や腎障害の危険性も

糖尿病は、身体の血糖値を下げるインスリンという物質がうまく作用しなくなってしまう病気です。普通はブドウ糖を摂取するとインスリンが働きエネルギーに変えられるのですが、血糖値をコントロールできなくなってしまうのが糖尿病です。

 

 

 

この糖尿病の怖いところは、放置しておくと様々な合併症を引き起こしてしまうというところです。

 

 

 

特に怖いのが糖尿病が悪化したことによる腎障害で、この腎障害になってしまうと尿が体内でうまく作れなくなり、人工的に尿を生成し排出するといういわゆる人工透析を週に2回か3回行わなければならないため日常生活に多大な影響を与えてしまいます。

 

 

 

このように、高血圧は様々な恐ろしい病気を引き起こす可能性がある病気です。もちろん少し血圧の数値が基準値をオーバーしているだけならその可能性は低いですが、病気を予防するためにも、高血圧は改善しなければいけない疾患なのです。

高血圧のサプリが健康につながることに注目

 

怖い病気を引き起こしてしまうかもしれない高血圧。もちろんそれは、日々の食事、日々の適度な運動で改善することが出来ます。しかし忙しくてなかなか食事を改善できない、仕事で疲れてしまってなかなか運動にまで手が回らないという人のために、高血圧を改善するサプリメントがあります。

 

 

 

この高血圧を改善してくれるサプリメント、高血圧はもちろん身体に良い影響を与えてくれるのではと今話題になっています。健康のために作られたサプリなのだから当たり前なのですが、高血圧とは関係なさそうな部分の健康にも大きく関わってくるかもしれません。

高血圧のサプリの成分に注目

 

高血圧サプリメントにどのような成分があるのか見ていきましょう。

ペプチド

ペプチド、カリウムはどちらも耳なじみのある言葉ですが、具体的にどのような効果があるのかいまいちよく分からないという人がいるのではないでしょうか。

 

 

 

ペプチドとはたんぱく質の一種で、たんぱく質を細かくしたものです。ペプチドには様々な種類があり、年齢ペプチド、サーデンペプチド、わかめペプチドなどがあります。

 

 

 

年齢ペプチドは、血管の老化を防ぎ、血流の流れを改善する効果があり、サーデンペプチドは血圧を緩やかに下げてくれる効果が期待されています。わかめペプチドはその名の通りわかめから生成されたペプチドで、高血圧に効果があるのではないかと言われています。わかめなどの海藻類をよく食べている人に脳卒中の患者が少ないことから注目されているペプチドです。

カリウム

カリウムとは、高血圧を防いでくれる物質の一種で、むくみ予防などにも欠かせない栄養素です。心臓機能や筋肉機能を調整する働きもあり、これが不足してしまうと筋力の低下、酷くなると腸が麻痺して閉塞してしまったり、反射の能力が鈍くなってしまいます。

 

 

 

このカリウムは、水溶性で汗などで体外に流れていってしまうので外部から積極的に摂取していかなければいけません。このカリウムを含んだ食品は数多くあり、アーモンド、ピーナッツ、にんにくやほうれん草やジャガイモ、更には柑橘類にまで含まれます。水溶性であるため、煮る、茹でるなどするとせっかくのカリウムが水に溶け出してしまうので煮汁も有効活用するなどして確実にカリウムを摂取しましょう。

 

 

 

カリウムが不足すると夏バテの原因にもなりますので、夏場は水分と一緒にカリウムを豊富に含んだものを飲食するのが望ましくなってきます。

EPA

EPAという余り聞きなれない言葉、これはどのような効果を身体にもたらしてくれるのでしょうか。

 

 

 

EPAとはエイコサペンタエン酸の略称で、DHA、ドコサヘキサエン酸との類似性がありますが、両者が身体に与える作用は少し異なります。DHAは脳の神経に作用しますが、EPAは血液をさらさらにしてくれる効果があります。

 

 

 

EPA、DHAは必須脂肪酸のひとつであり体内であまり作られない成分なので、外部から摂取して補うことが必要です。

 

 

 

青魚を食べることにより、EPAを増やし、体内の血液をさらさらにすることが出来ます。魚の油は肉の脂と違い、冷えても凝固することがなく、良質な油だといわれているので積極的に青魚を日常で食べていきましょう。

高血圧サプリが目にも効果があることに注目

 

高血圧サプリメントを飲むことにより、なんと目にも効果があるんです。その理由は、高血圧は目にも悪影響を与えるため、高血圧が改善すると、目にも良い効果があるのではないかと期待できます。

ドライアイ改善

現代において、私達がどうしても手放せないスマートフォン。しかしずっと見続けているとドライアイになり、目に十分な潤いがなくなってしまいます。

 

 

 

自分がドライアイかどうかを判断するのには、まばたきでわかります。10秒間まばたきをしないでいられない場合はドライアイといえるでしょう。そしてドライアイの治療に高血圧のサプリメントであるEPAが有効なのです。

 

 

 

実際ドライアイの治療として「EPA製剤」というものが処方されます。EPAはさまざまな症状に有効であることで、注目されている成分です。

老眼や近視などにも効果が

目の血管はとても細くもろいもので、少しダメージを受ければ破壊されてしまいます。高血圧の悪影響を顕著に受ける部分です。血管の収縮、硬化などで目が悪くなり、近視、老眼、乱視になってしまう可能性があります。

 

 

 

視覚情報は外部から受ける情報の大半を占めている重要なものです。目はやはり大切に、いつでもクリアに見えたいものですよね。高血圧をサプリメントで改善し、身体も目も健康にしていきましょう。

まとめ

 

高血圧が身体に与える悪影響、疾患、高血圧を改善するサプリメントにはどのような効果があるのかを解説させていただきました、いかがでしたか?

 

 

 

もちろん高血圧にならないような食事や、適度な運動をして予防することが一番大事ですが、なってしまった時はやはり改善に向けて行動をしていくことが大事です。

 

 

 

サプリメントも、それぞれ身体に合うものがあるはずなので、気になったサプリメントがあればかかりつけの医師やドラッグストアの薬剤師などに相談をしてみて下さい。決して自己判断などはせず、必ず相談して下さいね。

 

【有効成分配合】人気高血圧予防サプリランキング