血圧を下げるドリンクについて

年をとるごとに身体の不健康な部分は増えていくもの。不健康になる部分は体質や性別によっても差はありますが、多くの方が悩まされているのが高血圧ではないでしょうか?

 

高血圧は放っておくと脳卒中や心筋梗塞といった重大な病気の引き金にもなってしまう恐ろしいものです。
基本的には日々の生活習慣を改善することで血圧の値を安定させるのが大切になるわけですが、そうはいってもいきなり完璧な生活習慣を実現することはなかなか難しいことだと思います。

 

そんな時には血圧を下げられる商品に頼る部分も出で来るかもしれません。今回は血圧を下げるドリンクについて見ていこうともいます。大切なのは血圧のコントロールはあくまでも生活習慣の改善によって正すべきもので、どうしても必要なときにドリンクで補うようにすること。くれぐれもドリンクに頼り切ることの無いように注意してください。

 

血圧を下げるドリンクについて

最近でさまざまな健康食品や飲料が各メーカーからこぞって発売されており、中には血圧を下げる働きを持つドリンクも市販されるようになりました。特定保健用食品としてのドリンクは、血圧を低下させる働きが期待されていますが、続ける事が重要であり、そのドリンクだけに身を任せるだけでなく、根本的な生活習慣、つまり運動を生活に取り入れたり、食生活を改善していくことでより高い効果を得られるようになるはずです。

 

一般的にこれらのドリンクは8〜12週間で上の血圧を8〜13mmHg、下の血圧を8mmHg前後下げる事が可能だと言われています。普通に市販されているもので非常に見込みがあるものも存在しますが、自分で手作りすることも可能です。手作りする血圧低下ドリンクのレシピや考え方はまた後程ご紹介して参りますのでお楽しみに。

 

一般的に売られている血圧を低下させるドリンクは、どうしても少し値が張るものが多いのが難点です。続けるには薬を買っているような感覚になるかもしれません。手作りのものは低コストで済み、比較的簡単なので、場合によっては自家製で作る方が継続するには適しているかもしれませんね。

 

高血圧の予防は長いスパンで続けていけることが大切です。そのような観点からも手軽さだけでなく、金銭面を含めて継続性があるかどうか判断して予防法を選ぶ必要があります。

血圧を下げるドリンクの選び方

血圧を下げるドリンクは自家製か市販品を買うかになると思います。もし購入しようと思った場合、どのドリンクを買うかということはしっかりとリサーチして考える必要があるでしょう。自分に合ったドリンクを選んで継続していくことで高血圧を改善していくサポートをしてくれるはずです。

 

ではどのような点に気を付けてドリンクを選ぶべきなのでしょうか。

何よりも飲みやすさが大事

最も重要なのは何よりも飲むのに抵抗を感じないことです。錠剤タイプのサプリメントとは違ってドリンクタイプの場合は味や匂いをもろに感じることになるため、本当に苦手な味わいだと飲み続けるのにストレスを感じることになります。

 

場合によっては数回飲んだだけでもう飲めなくなり、定期便などでまとめ買いしていると返品することも出来ずにダメにしてしまうというケースもあるかもしれません。「薬だと思って我慢する」という人もいますが、出来るだけ飲みやすいほうが快適に続けられるはずです。

 

また、一回の全体量が少ないもののほうが気軽に摂取できます。
可能な限り量が少なく、味も不快ではないものを探してきて続けることが高血圧対策としては正しいと言えるでしょう。

毎日飲むということを考える

血圧を下げるドリンクは薬ではないので、1度飲んだだけで効果が現れることはありません。長いスパンで見て毎日ちゃんと飲み続けることで健康にプラスの効果を得ることが出ます。

 

その為、購入のしやすさや費用も味わいと同じくらい非常に重要になります。ドリンクである以上、まとめて買うと場所をとってしまうので毎日1本ずつ買うなら買い易さが必要です。通勤や出かける途中に気軽に買えて、価格的にも負担にならないものを選ぶと良いでしょう。

 

いくら味が気に入っていてもすごく高くて継続的に飲み続けられなかったりしたら意味はありません。大切なのは両者のバランスです。
自作する場合もこういった点に注意して、飲みやすくて続けられる自分なりのレシピを開発出来れば一番だと言えるでしょう。

血圧を下げるドリンクを自作してみよう

血圧を下げる栄養を知る

血圧を下げる成分はいくつもありますが、ここではドリンクにすることを前提で紹介します。これらが含まれる食材を用いてドリンクを作れば血圧低下に効果をもたらすかもしれません。

ミネラル

三大ミネラルと呼ばれるカリウム、カルシウム、マグネシウムは血圧のコントロールにとても大切な成分です。

 

カリウムは体内の余分な塩分を排出するために必要な成分で、高血圧になると特に摂るように言われる成分です。カルシウムは不足すると血圧が上昇しますが、それ自体が筋肉を収縮させる役割も持つため、筋肉を弛緩させるマグネシウムとセットで摂ることでバランスを保つことが出来ます。

ケルセチン

玉ねぎに含まれる血液をサラサラにしてくれるポリフェノールの一種です。血液をサラサラにするということは血流をスムーズにすることで血管への負担を減らして血圧を低下させる効果が期待できます。

血圧を下げられる食材とは?

フルーツ類

フルーツはカリウムの含有量が多く、ドリンクにしたときの飲みやすさも考えると非常にすぐれた食材だと言えるでしょう。一方で糖分が高いなどのデメリットもあるため、あまりたくさん摂ってしまうのはよくないかもしれません。

ホウレンソウ

野菜類の中でも特にカリウムが多いのがホウレンソウです。フルーツなどと一緒にミキサーにかければ抵抗なく飲めるかもしれませんね。

ゴーヤ

ゴーヤはカリウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富です。そのまま食べたり飲んだりするのに抵抗のある方もいるかもしもれませんが、後ほど紹介するゴーヤ茶などは飲みやすくてオススメです。

玉ねぎ

玉ねぎに含まれるポリフェノールが血液の健康状態をよくしてくれます。

 

これらの食材をミックスジュースなどにして飲むと血圧を下げる効果が期待できます。ぜひ挑戦してみてください。

オススメのドリンク

ホウレンソウとバナナのスムージー

ホウレンソウはカリウムがたくさん含まれる食材です。これにエナジーチャージにも最適なバナナを加えて飲みやすくスムージーに仕上げます。朝ごはん代わりに一杯飲むだけでも非常にヘルシーで血圧にも効果のあるドリンクになります。

玉ねぎ茶

材料は玉ねぎの皮です。これで玉ねぎ茶を作ります。1Lの水に玉ねぎ3個分の皮を入れ、これをおよそ3分間沸騰させるだけで完成。香りに少々特徴はありますが、お酢で緩和させるなど塩分が含まれていないものを足すと飲みやすくなるでしょう。

ゴーヤ茶

ゴーヤー茶は少し手間が必要で、1本のゴーヤーを縦に切り中の種を取り除きます。これを適度な大きさに輪切りにし、1日太陽にさらして乾燥させます。そして乾燥したゴーヤーを薄茶色になるまで燻し、これを熱湯に入れ、だいたい5分程度蒸らすと完成です。

ドリンクで血圧を低下させよう

いかがでしたでしょうか?
血圧のコントロールに大きな味方となってくれるドリンク。効果的な成分を持った食材を利用して自家製でドリンクを作ってもよし、市販品で自分に合うものがあればそれを使ってもよし。

 

大切なのは継続する事です。ぜひチャレンジしてみてください。

 

よく読まれている関連記事

高血圧予防サプリ※売れ筋ランキング
血圧の正常値とは
血圧を下げるサプリメントを活用する
血圧を下げるドリンクについて
血圧を下げる方法について
血圧を低下させる薬とは