高血圧サプリの血液サラサラ効果について

高血圧はサイレントキラーと言われています。自覚のないままに高血圧が進んでいくのでそう言われています。高血圧にならないように防止することも大切ですが、医者から少し血圧が高いと注意されてしまったら血圧を上げないような生活を心がけることが必要です。

 

ここでは高血圧の症状、また血液サラサラ効果のあるサプリメントの成分についてご説明します。

そもそも高血圧とはどんな症状?

 

 

高血圧という言葉は知っていても、どういうことなのか理解していないという人は案外多いのではないでしょうか。水道につながるホースをイメージしてみてください。

 

細いホースなのに勢いよく水道の蛇口をひねるとホースが膨らみます。それが血管と血液の関係であり血圧なのです。血圧が上がるような日常生活、例えば塩分の摂りすぎ、運動不足、ストレス、または加齢によっても血管が老化して硬くなったり、血液中がドロドロになってしまうとスムーズに流れなくなります。これが血圧を上げる原因となり、高血圧になってしまうのです。

高血圧になるとこんな病気が引き起こされてしまう

 

高血圧は静かに体をむしばんでいきます。そして高血圧になるとさまざまな病気が引き起こされてしまい、血管が多い場所が病気になりやすくなります。

脳梗塞脳出血

脳梗塞や脳出血は血圧と深い関わりがあります。高血圧などで血管がつまりやすくなると、脳の動脈硬化が起こり血液のめぐりが悪くなったり、また頸動脈(首の血管)の硬化が脳梗塞の原因になることがあります。さらに脳出血は突然起こるものなので予測はできません。

心筋梗塞・狭心症

心臓の周りには血管が多いので血圧の異常が出やすい場所になります。心臓には血管を通して酸素や栄養が送られていますが、血管が完全につまってしまう状態を心筋梗塞と言います。

 

また血管が硬くなる、または血管がつまることで心臓に十分な血液が送られなくなることを狭心症と言います。

腎不全

腎臓は普段、尿を作ったり、老廃物をろ過してくれているのですが、血圧が高くなるとその機能が十分に発揮できなくなります。腎臓の周囲の血管がつまり、それが進むと腎不全になってしまうのです。

眼底出血

目の周辺の血管は細いので出血をしていたとしても少量になります。眼底出血というのは病気の名前ではないのですが、眼底出血していた場合に視力の低下などが起こりやすくなったり、ひどくなると失明してしまうことがあります。また高血圧によるものは自覚症状のないまま進行してしまうので注意をすることが必要です。

 

このように高血圧によって引き起こされる病気、症状はたくさんあります。自分はまだ大丈夫だと思わず、定期的に血圧を測り、数値が高い場合には生活を見直すことが必要です。

血液をサラサラにすることが大事

 

血管が硬くなったり、血液がドロドロになることで高血圧になるのですから、逆に血管を強く柔軟にし、血液をサラサラにすればいいということになります。

 

血液をサラサラに保つために有効な成分をサプリメントで摂るのがいいのですが、その前に高血圧に有効な成分DHA、EPAについて紹介します。

DHA・EPA

DHAはドコサヘキサエン酸として有名なワードですよね。青魚に多く含まれており脳を活性化させる成分としても知られています。頭を健康にし血液をサラサラにすると言われてきました。

 

しかしDHAはたくさん摂っても体の中の濃度は高くならないことがわかってきました。つまりたくさん摂ってもあまり意味はないということです。

 

血液をサラサラに保つのはEPA(エイコサペンタエン酸)のほうで、DHAと共に青魚に豊富に含まれており、体では作ることのできない必須脂肪酸のひとつです。

 

肉類の油は冷たくなると白く固まってしまいます。しかし魚の油は冷たくなっても固まることはありません。これが血液をサラサラに保つ成分なのです。

イヌイットは野菜を食べないが心筋梗塞が少ない

グリーンランドに住むイヌイットという種族は野菜を摂らず、アザラシなどの肉を主食にしているのにも関わらず、ヨーロッパの人と比べて心筋梗塞で亡くなる人が少なかったそうです。

 

それはアザラシの食べる青魚によりEPAが多く含まれていたからではないかと言われているのです。そして調査した結果、イヌイットの体にはヨーロッパ人に比べてEPAが多いということが判明しました。

 

アザラシの主食は青魚なので、結果EPAを多く摂るということにつながったのではと考えられます。

血液をサラサラにするには運動をプラスすることも必要

 

血液をサラサラに保つためには青魚を食べたりするだけでいいのでしょうか。そうではありません。適度な運動が必要なのです。

 

イメージでは運動をすると汗などで体の水分がなくなり、血液がドロドロになるイメージがありますが、なぜ運動をすると血液サラサラにつながるのでしょうか。

運動が血流をよくしてくれる

適度に運動をすると、体の中の余計なエネルギーを消費することができます。そして運動は血糖値を下げたり、血管を広くして血流をよくしてくれるのです。

 

そうなることで体の隅々まで血液が流れ、酸素や栄養を運ぶことにつながるのです。さらに老廃物を回収することになり、臓器を健康に保ちます。またこのことが血液をサラサラにすることになるので、高血圧には適度な運動が大切だということが分かります。

血液をサラサラにするためには有酸素運動が効果的

有酸素運動にはウォーキング、ジョギング、水泳などがありますが、ゆっくりとエネルギーを燃やしてくれるので20分以上続ける必要があると言われています。しかし短い時間でも効果がない訳でなく、血液中の脂肪を燃やしてくれるので朝、昼、晩10分ずつというように細切れな運動でも効果があります。

 

細切れ運動でも効果はありますが、3日以上休んでしまうと効果が得られなくなります。短い時間でもいいのでなるべく毎日継続させることが必要です。

 

有酸素運動でも体にあまり負担をかけず、外の天気を心配しなくてもいいのは踏み台昇降による運動です。踏み台昇降は太ももなどの大きな筋肉を使うため、ダイエットの効果もあるので、血液をサラサラにしながらスタイルアップも目指せます。

血液サラサラ効果のあるサプリを摂る

 

血液をサラサラにするためには青魚に含まれているEPA、DHAが効果的だと上述しましたが、毎日食事で摂ろうとするのは無理があります。さらに家族で食べ盛りの子供がいたりすると、魚のメニューというのはあまり喜ばれないかもしれません。そこでサプリメントを活用しようということになるのです。

 

サプリメントならば家族のメニューを変えることなく高血圧を改善できます。ただし普通の食事で塩分の多いもの、脂肪分が多いものを食べてしまうとサプリメントの効果がなくなりますので、できれば野菜を多く食べるような食生活にしたいですね。

サプリメントはあくまで補助食品

上述しましたが、サプリメントを摂っているから食事に気をつけなくてもいい、ではありません。サプリメントは補助食品と考えて、運動をするように心がけること、日常生活の見直しも大切です。

 

スマホ時代の今、夜寝る時にちょっとだけとスマホをいじっていて夜中になってしまった、というようなことはありませんか。夜更かしは血圧にとっていいことではありません。

 

日中動いていると血圧は高くなります。そして血圧が高い状態が続くと血管が傷ついてしまうのです。それを修復してくれるのが睡眠時なのです。ですから血管を修復する夜に眠らないでいると修復しないままになり、悪循環になってしまいます。

 

基本的には日常の規則正しい生活、食事で血圧を管理するようにしましょう。とはいっても仕事をしていてそんなの無理!な人も多いと思います。そういう時はサプリメントをよき相棒と考えましょう。

まとめ

 

高血圧はさまざまな合併症を起こしてしまう病気です。まだ若いから、医者に言われていないから、家族には高血圧はいないから、気をつけなくてもいいではありません。特に女性で「私は低血圧だから大丈夫」と思う人が多いですが、そういう人が閉経後、高血圧になる可能性があるのです。

 

女性ホルモンが減ってしまうと血管を柔軟に保てなくなってしまうので、閉経後は血圧に注意することが必要になってきます。

 

ですから、血圧が高いと注意される前に日頃から日常生活を見直し、注意することが大切です。

 

【血液サラサラ効果】人気高血圧予防サプリランキング