高血圧サプリの飲み方は?

高血圧サプリを初めて飲むという人には様々な不安があるかと思います。どんなサプリが高血圧に効くのか、どんなものがあるのか、本当に効くのか。

 

 

 

今回は、高血圧サプリにどんな成分が入っていたらいいかの目安、サプリの飲み方、タイミング。そしてどんなサプリがあるかをご紹介します。

 

 

 

サプリには食べ物と同じようにアレルギー成分が含まれている場合があるので、成分表をよく確認して医師に指示を受けてから飲むようにしましょう。

高血圧サプリを飲むときに注目したい成分

 

高血圧サプリを選ぶときに重要になってくるのは、どんな成分が入っているかです。闇雲に選んでも、身体に合わなかったり効果がなかったりしてしまいます。そうならないためにも、ぜひ参考にしてみて下さい。

DHA

DHA、すなわちドコサヘキサエン酸は聞き馴染みのある言葉ですね。青魚などに豊富に含まれており、脳に優先的に取り込まれる物質です。野菜では、ナスに多く含まれています。

 

 

 

脳の働きを活性化させるだけではなく、血の流れも良くし、身体の悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やしてくれるという、高血圧には欠かせない成分です。高血圧を予防し、脳の働きも良くしてくれるかもしれないDHA、食事やサプリで積極的に摂取することが求められます。

EPA

エイコサペンタエン酸の略称であるEPA。EPAは主に血管や血液の健康にするために重要な成分で、DHAと並ぶ必須脂肪酸と言われています。

 

 

 

しかし体内で作りにくい成分であるため、青魚などから積極的に摂る必要があります。

 

 

 

EPAが増えると、血液がサラサラになったり、若く弾力のある血管が作れます。そのため血栓を大幅に減少させ、脳梗塞や心臓病を予防してくれる効果が期待できます。血管や血液の健康維持のために、意識して青魚を食べて健康的な血管や血液作りをしていきたいですね。

酢酸

酢酸とは、字にある通り酢に含まれている成分です。動脈硬化や高血圧の予防になると言われています。

 

 

 

何故この酢酸がこれらに関係しているのかというと、血管を広げて血の流れを良くしてくれるデノシンという物質が酢酸から分泌されます。この結果、血栓や血管が硬くなるのを防いで体内の血の巡りを良好にします。

 

 

 

高血圧サプリを選ぶ際はこのDHAやEPA、酢酸が多く含まれているものを探して飲む必要があります。他にもペプチドやカリウムなどの成分が必要になってくるので、成分表をよく見て購入しましょう。

高血圧サプリの飲み方 飲むタイミングは?

 

高血圧に限らず、薬を飲んでいる人はサプリをいつ飲めばいいか気になりますよね。薬を飲んだ後すぐに飲んでいいのか、あるいは時間をおいて飲んだ方がいいのか。そもそもサプリは薬と一緒に飲んでもいいのでしょうか?詳しく調べてみました。

3食食べた後

高血圧サプリは、通常毎食後に飲むのが良いとされています。

 

 

 

食事の後は腸の働きが活発になっているので、身体にいいサプリの成分が体内に吸収されやすくなります。更に血圧の急な上昇を抑えて緩やかにします。

 

 

 

毎食飲むのは大変だから、お昼に2粒飲んで夜に1粒飲むという飲み方もあります。が、やはり治療のためにはこまめにサプリを摂取することが重要です。面倒臭いと思われるかもしれませんが健康のために意識して、毎食後に飲むようにしましょう。

サプリと薬は併用していいのか

高血圧サプリを飲むときに、薬と一緒に飲んでもいいか気になりますよね。サプリは薬ではなく、食品と考えられています。

 

 

 

サプリは薬と違って病気を治すためだけに作られた錠剤ではなく、普段の食事で足りないものを補い健康になるために作られたものですから食品と同じ扱いになっています。ですからサプリと薬は一緒に飲んでも大丈夫。むしろサプリは食事と同じです。

 

 

 

食事をしないとお腹が空いてしまいますよね。そして身体にも栄養が行き渡らなくなってしまいます。サプリも飲み忘れてしまいますと、せっかくのサプリの効果が続かなくなってしまいます。効果を持続させるためにも、サプリは食事のように摂り、薬も一緒に飲みましょう。

 

 

 

飲み合わせなどで不安なことがあったり、サプリと薬を初めて併用する人は、専門医に相談してみて下さいね。

 

 

高血圧サプリの効果的な飲み方その1

 

食品にいい食べ合わせや悪い食べ合わせがあるように、サプリにもいい飲み合わせ悪い飲み合わせがあります。せっかく身体にいいサプリを飲んでいるのに、効果が得られなくてはもったいないですよね。いい飲み合わせのサプリと、悪い飲み合わせのサプリを紹介します。

食物繊維とミネラルを一緒にはとらない

食物繊維を豊富に含んでいるサプリと、ミネラルを豊富に含んでいるサプリを一緒に飲むのは効果的とは言えません。

 

 

 

食物繊維がミネラルの効果を邪魔してしまうので、身体にいい効果は期待ができません。ですからどちらも飲まなければいけない場合はミネラルは朝に、食物繊維は夜に、というように分けて飲むことが望ましいです。

マグネシウムとカルシウムは効果的

望ましいサプリの組み合わせは、カルシウムとマグネシウムです。この2つはホルモンバランスを整えたり、筋肉な神経の働きを良くしたりします。更には鎮静作用もあるため、女性の月経中の苛立ちに効果があり、集中力がすぐに途切れてしまう子供にも効果的です。

 

 

 

何故この組み合わせが高血圧に効果的なのでしょうか。

 

 

 

高血圧になると、血管の内側がもろくなり傷つきやすくなります。それを防ぐためにカルシウムが傷ついた部分に集まるのです。その状態が長く続いてしまうと、カルシウムを取り込んだ細胞が死んでしまい、それが原因で血管が硬くなり動脈硬化を引き起こします。

 

 

 

カルシウム細胞が血管に沈着するのを防ぐのがマグネシウムです。またマグネシウムにはカルシウムが血管を縮めようとする働きを抑えて、広げてくれる役割も持っています。

 

 

 

カルシウムだけを摂取すると血管が傷ついてしまうことになりますが、カルシウムのいい働きをマグネシウムが補うという関係性なのです。

ペプチドサプリの効果的な飲み方

ペプチドとは、血圧の急な上昇を抑えてくれる物質です。

 

 

 

大豆や牛乳に含まれていますが、それを毎日意識して摂取するのは大変です。そのため手軽に摂取できるペプチドサプリを飲むという人もいるでしょう。

 

 

 

このサプリは時間に制約がなく、好きな時に決められた量を飲んでも大丈夫ですが、飲み忘れてしまうと効果が長続きしません。ですからサプリの効果が吸収されやすい食後に飲むように心がけましょう。

併用には注意

他の高血圧を改善するための薬やサプリを飲んでいる場合、ペプチドサプリを加えるのはおすすめできません。

 

 

 

先ほども書いたように、ペプチドは血圧の上昇を抑えます。他のサプリや薬と一緒に飲んでしまうと、逆に血圧を下げすぎて低血圧になってしまう可能性があります。低血圧になるとめまいやふらつき、ひどくなると風邪を引いてはいないのに咳が出るということになってしまいます。

 

 

 

併用や過剰摂取は控えましょう。併用をしたい場合は自己判断せず、必ず専門医の指示を受けましょう。

ペプチドサプリに副作用はあるのか

ペプチドサプリには基本的に副作用はありません。しかし成分表を確認してアレルギー成分が含まれている場合は注意しましょう。

 

 

 

気になるサプリは、どんなものでも成分表を確認して、専門医に指示をもらうことが重要になってきます。またペプチドサプリは妊娠中や授乳期の人や、腎機能が低下している場合は飲むことを推奨していない場合もありますので注意しましょう。

高血圧サプリの効果的な飲み方その2

 

現在、高血圧を改善する食材として、ある調味料に含まれている成分が注目されています。それはお酢なのですが、毎回料理に取り入れるのは難しいですよね。しかしお酢を摂取するのと同様の効果が得られるサプリがあるんです。

酢酸サプリメント

お酢に含まれている酢酸という成分が高血圧に有効なのです。高血圧気味の患者さん何人かに、酢を入れた飲み物を10週間飲ませて効果を調べたところ、飲んだ人の多くが血圧が下がったという結果が出たそうです。

 

 

 

このように酢酸の効果は高血圧に効果的だということが分かりますが、毎日酢を飲んだり、酢の物を食べるということはなかなか大変です。味と匂いに少し抵抗を感じる、時間がないという人のために酢酸サプリがあります。

 

 

 

酢を飲んだ時と同様の効果が得られ、手軽に摂取できるということでおすすめのサプリです。

酢酸サプリメントを飲むタイミング

酢酸サプリの効果がより得られる時間帯というものは存在せず、自分の好きなタイミングで飲むことができます。

 

 

 

しかし、避けた方がいいタイミングというのがあります。それは空腹時です。お腹が空いている時にこの酢酸サプリを飲むと、酸が胃に負担をかけてしまうかもしれません。胃腸が弱い人は気をつけるべきで、何かお腹に入れてからサプリを飲みましょう。そして毎日飲み続けることが大事になってきます。食事をした後、欠かさず毎日飲みましょう。

きなりサプリ

健康食品や化粧品を販売しているさくらの森から発売されているサプリ、きなりサプリ

 

 

 

このきなりサプリが今高血圧を改善するのではと大注目されています。

 

 

 

高血圧を改善するのに重要な必須脂肪酸が豊富に含まれていて、更にナットウキナーゼという納豆の粘りの元である成分が含まれています。このナットウキナーゼも血の塊を作りにくくして血液をサラサラにする効果があり、まさに高血圧の患者さんには良い成分しか含まれていないサプリです。気になる人は是非調べてみて下さい。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?高血圧を治すのに重要な成分、そして飲み方を是非参考にしてみて下さい。

 

しかし何回も申し上げたように、サプリにもアレルギー成分や、人それぞれ合う合わないがあります。サプリを選んだり買ったりする前に、必ず専門医に指示を受けて許可をもらって下さいね。決して自己判断をしないよう気をつけましょう。

 

【有効成分配合】人気高血圧予防サプリランキング