血圧を下げる食べ物を学ぼう

年をとるごとに悩まされる人が多くなっていく高血圧。ちょっとぐらい上昇したくらいじゃ大丈夫・・・とたかをくくっていると数年後には取り返しのつかないことになっていることも考えられます。

 

定期的な健診で血圧の上昇がみられるような医師に指示を仰いで対策を考えるのが大切。特に食生活をはじめとした生活習慣の見直しは必須事項となってきます。

 

不規則な生活を送っていたり、外食ばかりしていたり、好き嫌いが多かったり・・・そんなことに心当たりのある人も少なくないはず。血圧はこうしたことから徐々に悪化していきます。

 

基本的には生活習慣を整えて規則正しい生活を送っていくことで改善していくのが好ましいのですが、実際に上がってしまった血圧をみてとりあえず血圧の値だけでも安定させたいという人もいるかもしれません。そんな方にむけて、今回は血圧の数値を低下させる可能性のある食材をまとめてみました。

 

はじめに注意事項です。血圧の数値に変動がある場合はちゃんと専門医の指示を受けて改善を試みてください。安易に食事だけで改善しようとすると思わぬ落とし穴があるかもしれません・・・。なぜなら、血圧の上昇は必ずしも食生活に起因するとも限らないからです。あくまでも日頃から血圧をケアしていきたいときの参考としてご覧ください。

 

血圧はカリウムで下げることができる?

血圧を下げる効果のある成分として代表的な物がカリウムです。カリウムは体内に余分なナトリウム、つまり塩分が溜まっているときにそれを排出することで体内の塩分濃度を一定に保つ役割を果たします。

 

ではなぜ塩分が体内に増えると血圧が上昇するのでしょうか?塩分は余分にとりこまれると腎臓で排出されるように促されます。しかしこれがうまくいかないと体内に留まってしまいます。こうなると身体の生理現象として血液中の塩分一定の濃度に保とうとするため水分が加えられ薄められます。

 

水分が加えられるということは血液量そのものが増えてしまうということです。血液量が増えると血管にかかる圧力も増してしまうため、血圧が上昇します。

 

実は塩分に主に起因する高血圧は全体の中で一部の人達だけであるとも考えられていますが、塩分の摂りすぎは血栓や血液のドロドロ化など別の面でも間接的に高血圧を促してしまいます。
そのため塩分量をコントロールする食生活を心掛けるのと同時に、塩分の排出を促すカリウムの積極的な摂取も大切になってくるというわけです。

 

カリウムは過剰な塩分を体外に排出するために欠かせない成分です。特に塩分が原因で血圧が上昇している方はカリウムを含んだ食材をしっかり食べるだけである程度血圧を低下させられる可能性もあります。

 

常日頃からカリウムの入った食材や料理を意識して食べるようにすることが大切になるというわけですね。

血液をサラサラにすることで血圧を下げられる?

カリウムに減圧効果が見込まれていることが分かりました。しかしそれ以外にも血圧を低下させる可能性のある成分はあります。
高血圧は塩分だけが原因の症状ではありません。ストレスや運動不足、塩分以外の食生活などが原因で結果的に血圧が上昇することも考えられます。例えば油ものを食べ過ぎたりして食生活が偏ると血液がドロドロになります

 

ドロドロになるということは血流が滞ることになるため血管にも負担がまし、結果的に血圧が上昇します。血栓ができたり、動脈硬化になったりすることでも血圧は上がってしまうんです。

 

そのため、血液をサラサラにしてくれるような成分を積極的に摂取し、健康的な血液を維持する事が血圧のコントロールにも大切なことになってきます。

 

血液をサラサラにしてくるものとして代表的な成分は善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らしてくれる不飽和脂肪酸のDHA・EPAやリノレン酸、ポリフェノールのケラチンやナットウキナーゼなどが挙げられます。

 

普段から偏りのないようにさまざまなものを口にしていればこれらの成分は比較的自然と体内に摂りいれられているはずですが、不安な方は積極的にこれらの成分を含んだ食材を食事に取り入れるようにしたですね。

 

ではここからは具体的に今まで挙げてきたような成分を含んでいる食材を挙げていきましょう。皆さんの食生活の中にはこれらの食材はしっかりと組み込まれているでしょうか?チェックしながらご覧ください。

血圧を低下させる可能性のある食材とは?

ホウレンソウ

ホウレンソウは塩分の排出に欠かせないカリウムを多量に含んだ食材です。他にも豊富な食物繊維は体内の余計な脂質や糖質を排出してくれますし、ビタミンなどの栄養素もバランスがよく豊富です。

 

高血圧に限らず健康のためにも非常に高い栄養価をもつ食材ですから、積極的にとりいれていきましょう。

青魚

青魚にはDHAやEPAと呼ばれる成分が含まれています。頭がよくなる成分としても有名なものですが、血流の改善効果も期待できます。調理の手間もあり、魚を毎日の食事に取り入れるのはなかなか難しいかもしれません。ですから外食する時は魚食を選ぶなどの配慮をして少しでも多くこれらの成分をとっていきたいものです。

納豆

納豆のもつナットウキナーゼは血液をとてもサラサラにしてくれる成分です。加えて発酵食品として体内で善玉菌を増やし、腸内環境を整えたりコレステロールを下げたりしてくれるとても優秀な食材です。

 

ぜひとも毎日の食事にとりいれたい健康食と言えるでしょう。食べる時は醤油のかけ過ぎなどに気を付けて、塩分をとりすぎないようにしましょう。

ナッツ類

ナッツ類は豊富な脂肪をもっています。これらの多くは不飽和脂肪酸と呼ばれる身体にとても良い脂肪で、血液をサラサラにしてくれる効果を持つものもあります。特にクルミなどに多く含まれているリノレン酸は血流の改善に効果を発揮します。カロリーもあるので食べ過ぎは禁物ですが、小腹が減った時のおやつなどにオススメです。

塩分や油分にも気を付けた食生活を・・・

ここまででみてきたように、血圧の上昇には塩分や油分といったものが大きく関係しています。塩や油は直接血圧をあげる作用を持っているわけではありませんが、過剰に摂取すると徐々に体内のバランスを崩し、血がドロドロになったり動脈が硬くなったりすることで結果的に高血圧という症状になって表れてきます。

 

これらをうまくコントロールするような成分を含む食材をたくさん食べることも大切ですが、基本はそもそも油や塩の過剰摂取気味にある食生活を改善することです。

 

日々の生活を見直してみてください。忙しいからと言ってファストフードに頼ったり、味気ない家らと言って濃い味のものを選んだり、外食ばかりしたりしていることはないでしょうか?

 

このような偏った食生活は気づかぬうちに塩分や油分の摂りすぎを招いています。血圧が気になり始めたくらいの方こそ、改めて普段の食生活を見直し、バランスの良い食生活がおくれるように努力してみましょう。

 

今から努力することで数年後に無理して食事制限をする必要がなく、好きな物をいつまでも食べられる身体を維持していけるはずです。

食べ物の見直しから血圧をコントロールする

いかがでしたでしょうか?
体質的な物もありますが、血圧が上昇気味の方は食生活にも思い当たる節がある方も多いと思います。

 

本格的な治療を必要とする段階になる前に、ぜひご自身で食生活を見直して血圧を改善してみてはいかがでしょうか?

 

よく読まれている関連記事

高血圧予防サプリ※売れ筋ランキング
血圧の正常値とは
血圧を下げるサプリメントを活用する
血圧を下げるドリンクについて
血圧を下げる方法について
血圧を低下させる薬とは