高血圧と頭痛には関係性がある?

現代人の多忙な生活による生活や食生活の乱れによって高血圧、もしくは高血圧予備軍とされる人の数は今非常に多いと言われています。こちらをご覧の皆さんの中にも高血圧や血圧数値が上がり気味ということで悩んでいる方は多いのではないでしょうか?まだ実際に悩んではいなくても、少なくとも気にされている方は多いと思います。

 

高血圧は放っておくと重篤な病気の引き金になってしまう症状です。中でも頭痛を伴う不調を引き起こしている場合には脳にも影響を与えている可能性があります。このことを認識しているのといないのとでは、いざという時の危機管理に差が出てきてしまうかもしれません。

 

今回は高血圧と頭痛の関係性について迫ってみましょう。

 

高血圧と頭痛の関係

高血圧はそれ自体で具体的な不調を引き起こすことはあまりありません。高血圧になると頭痛になりやすいとも言われていますが、頭痛自体はストレスや寝不足、疲労、肩こりなどでも起こる症状で、生活習慣が乱れがちな人に起こりやすいこともあり、高血圧が要因とは限らないケースが多いと考えられています。

 

高血圧が原因でおこる頭痛も中にはもちろん存在するのですが、この場合は早めの対処が必要とされるものがほとんどです。しかし厄介なのは自分の頭痛が高血圧が原因なのか、その他の要因であるか判断が難しいことでしょう。一般的には高血圧の人に起こる頭痛はこれからご紹介するような病気を要因とするものが多く、これらの病気による頭痛は慢性的な物よりも突発的な激痛であったり、痛みを感じる前に何らかの障害を感じていることも多いです。

 

もしも頭痛に悩まされているときは素人判断はやめて、速やかに専門医に相談することが望まれます。脳に関わる疾病は命にもかかわる非常にデリケートな問題ですからね。

 

では実際に高血圧をきっかけとするような頭痛を起こす病気にはどんなものがあるのか確認してみましょう。大切なのはこのような病気があることを認識していることだと思います。その危険性を認識することでなにか異変を感じ時に事前に対策したり専門医に相談する事が出来るようになるでしょう。

 

高血圧性脳症に注意

高血圧が直接的な原因となって頭痛を引き起こす病気に高血圧性脳症というものがあります。
高血圧性脳症は血圧に関係する病気で頭痛、視力障害、痙攣、意識障害などの症状を引き起こします。通常、人間の脳は血圧が上がったり下がったりしても機能がなるべく損なわれないように血流をコントロールして正常な状態を保とうとしています。そのため高血圧になったからといって頭痛がおこるようなことは起こりにくいと言われています。

 

しかしこの脳の血管のバランス機能の限界を超えて劇的に血圧が上昇すると血流が増えすぎて脳に障害が現れることがあります。これが高血圧性脳症という病気です。

 

早急に対応しないと脳出血などにつながり最悪死に至る恐ろしい病気で、慢性的に高血圧の人で頭痛を感じる場合はこの病気を疑うこともあります。早期に対応すれば基本的には治療の出来る病気ですので、焦らずゆっくりと治療するようにしましょう。

 

さて、高血圧性脳症以外にも高血圧が遠因となって起こり得る脳の病気があります。これについても確認してみましょう。

 

脳出血や脳梗塞も高血圧が原因に?

高血圧はそれ自体では具体的な症状を感じることは少ないのですが、放置すると気づかぬうちに様々な弊害を生み出します。代表的なものでは動脈硬化です。動脈硬化が進めば高血圧になりやすくなり、高血圧になれば動脈硬化が進むという悪循環の関係性にあります。動脈硬化によって血管がつまったりやぶれたりすることで起こり得るのが脳梗塞です。

 

脳梗塞になると栄養が脳に行渡らず壊死していきます。細胞が死んでいくことで脳が正常な働きが出なくなり歩行障害や言語障害を引き起こします。最終的には激痛をともなって動けなくなったり、死に至るケースもある恐ろしい病です。

 

高血圧は他にも脳出血などにも関係します。強い圧力を受け続けた血管が傷つけられて脳内出血を起こすと血腫などが出来てしだいに脳を圧迫します。神経に触れれば頭痛も伴いますし、最終的に破裂してしまうと後遺症をもたらすようなことも考えられます。

 

高血圧の自覚がある人で頭痛や頭の異変を感じる場合はこれらの病気が進行しているケースもゼロではありません。症状が進行しないと痛みを感じないケースも多いのが厄介ですが、逆を言えば高血圧であればこれらの病のリスクがあるということです。

 

まずはなによりも血圧をしっかりとコントロールしてこれらの疾病のリスクを低下させることが大切だと言えるのではないでしょうか?

 

日頃の生活習慣から高血圧を改善

高血圧を原因とする頭痛は大変恐ろしい病気ばかりであることがわかりました。これらの病気が疑われる場合は速やかに専門医の支持を受けることが大切ですが、日頃から私たちが気を付けることができることはあるのでしょうか?

 

基本的にはなによりも生活習慣を改善することで高血圧対策をすることが大切だと言えるでしょう。高血圧は生活習慣全般、食生活、ストレス、睡眠、運動と言ったものの乱れから生じることがほとんどです。

 

また、ストレスや睡眠不足はそれ自体が頭痛を引き起こす要因ともなり得るものです。つまり生活習慣を改善することはそれを原因とする頭痛そのものに対する予防や対策にもなると考えることが出来ます。

 

生活のリズムを今すぐに変えると言うのは難しいことかもしれませんが、まずは食生活など変えやすい部分から少しずつ変えていくことが大切です。

 

具体的にはどのようなことに気を配る必要があるのでしょうか?食生活であれば基本はバランスの良い食事を心がけることです。細かい点を挙げていけばキリがありませんが、最低限塩分を摂りすぎないようにしてカリウムをしっかりとる、コレスロールを気にする、肉ばかりでなく魚を食べる、野菜もしっかり食べるなどを意識するだけでもだいぶ違うでしょう。

 

その上でなるべく運動する時間を作るようにしたり、ストレスの解消法を自分の中で作るなどしてリスクを減らしていく努力が大切になってきます。

 

高血圧治療の基本は無理のない治療プランで長い目で見て付き合っていくことです。人間誰しも完璧な生活をずっと続けていくことは出来ません。そういった生活を続けること自体がストレスになってしまうケースも考えられます。

 

まだ高血圧として診断されるほどでないのであれば出来る範囲から少しずつ改善していくこと、すでに高血圧と診断されるような方は医師の指示を受けながら無理のない生活習慣の改善を心掛けていきましょう。

 

今現在で高血圧に悩んでいる方、もしくは血圧が上がり気味の方はそのまま放置したりせず、生活習慣の改善や医師の指示を通して早いうちに改善していくことが高血圧由来の頭痛の予防や対策に繋がっていきます。

 

高血圧由来の頭痛はおそろしい!

皆さんは血圧をしっかりコントロールできていますでしょうか?忙しい日常に追われて生活習慣を整えることを疎かにしたりしていませんか?

 

高血圧はそのものが頭痛を引き起こすケースは少ないものの、高血圧が原因で発症した別の疾病が頭痛を引き起こすことがあること、またそれらの疾病は非常に危険な病気であることが多いということが分かって頂けたと思います。

 

まずはなによりも高血圧そのものをしっかりと対策することで、それらの恐ろしい病にかかるリスクを減らしていくことが大切です。

 

よく読まれている関連記事

高血圧予防サプリ※売れ筋ランキング
血圧の正常値とは
血圧を下げるサプリメントを活用する
血圧を下げるドリンクについて
血圧を下げる方法について
血圧を低下させる薬とは